腰痛・歩行障害が出る疾患

医者

腰椎椎間板ヘルニアの治療法は主に保存療法です。鎮痛剤や理学療法なども用いても痛みが引かない場合は、局所麻酔の注射、それでも改善がない場合に手術療法が選択されます。手術には腰椎椎間板ヘルニア後方摘出手術と、内視鏡下ヘルニア摘出手術などがあり、どの手術も短期間の入院で済みます。

詳細を確認する...

腰の痛みを改善する方法

看護師

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板が変形して神経を圧迫することで腰の痛みや足のしびれなどの症状が起こる病気です。治療には内服薬や塗り薬、注射の他に手術も行われていて、予防のためには腰に負担をかけない工夫をすることが大切でリハビリにエクササイズが人気があります。

詳細を確認する...

手術せず低侵襲が理想

早期社会復帰が求められる

腰痛

椎間板は5つある腰椎骨と1つの仙骨のあいだにあり、緩衝材と背骨の維持の役割を果たしています。腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板が何らかの理由により背骨の隙間からはみ出すことで神経を圧迫、痛みや麻痺が生じるというものです。腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰から足にかけての痛みがあります。この痛みによって前かがみになる動作、例えば顔を洗う、立って文字を書くといった状況で苦痛が伴うことがあります。腰椎椎間板ヘルニアは治療にかなりの時間を要すことが多く、可能な限り低侵襲治療(患者への負担の少ない治療法)を推し進めていく必要があると言えるでしょう。低侵襲な形で治療を進めることで、労働者層の患者でも早期に復帰できるような治療体制を整えることが今後求められ、そして進んでゆくものと思われます。

炎症を抑える

腰椎椎間板ヘルニアに対しては、昔は手術でしか対処できませんでしたが、近年になりようやく手術以外の方法が確立されました。そこで手術以外の治療法に関して少し説明します。手術以外というのは、安静療法、理学療法、投薬のことを指します。安静療法は、その名の通り患部を動かさないようにすることで病気の進行を食い止める方法です。コルセットを付けると腰を固定でき、楽にもなります。理学療法はマッサージや鍼治療を行って痛みを取るものですが、基本的には対症療法にしかなりません。投薬治療は前述のとおり局所麻酔やステロイド剤を注射するほか、非ステロイド抗炎症薬を飲み薬として使って炎症を抑えます。腰椎椎間板ヘルニアは20〜40代の労働者層に多く発症します。現状では一度発症してしまうと回復に時間を要しますから、日頃から腰に負担のかからない生活を意識することが大切です。姿勢を良くして、適度に運動して筋肉を付けましょう。

ヘルニアになったら

病棟

腰椎椎間板ヘルニアは、腰にある椎間板が出っ張ってしまうことによって腰に痛みを伴う病気であり、治療に関しては保存療法を選択することが一般的です。手術で治すことも可能であり、内視鏡手術であると保険が適用されます。

詳細を確認する...